泉卓真さんが日本の飲食業界を変えた

日本の飲食業界は、今年の春先から本格化した新型コロナウイルスの影響によって、かつてない程のダメージを受けております。
客足は遠のき、影響時間は短縮され、座席数も少なくしなればいけませんし、消毒などの手間も加わりました。
また、新型コロナウイルスによって、野菜が高騰したこともあり、お客さん一人あたりの儲け率も少なくなってしまっております。
そういった時に重要視されているのが食材の仕入れ先です。
食材の仕入先は、新鮮であることはもちろんのこと、単価の安さや注文から受け取りにかかるまでの時間も重要なポイントになります。

こういう状況になって評価が高まっているのが、泉卓真さんが代表を務めているいずみホールディングスです。
いずみホールディングスでは、独自の流通システムを確立しており、リーズナブルな価格で新鮮な食材を飲食店に届けることができます。
もちろん鮮度を保つ技術もしっかりとしておりますので、全国どこにいても新鮮な魚介類や野菜、お肉などを仕入れることができます。
リーズナブルな価格で食材を仕入れることができるのですから、単純に利益を増やすことができますし、鮮度も良いので味の面でもメリットが大きいと言えます。

https://www.hmv.co.jp/artist_泉卓真_200000000725132/biography/